抗酸化化粧品がどうして必要なのか?

肌の老化

人が呼吸したり、さまざまな活動をするに伴い、体内で活性酸素が発生します。この活性酸素が健康な細胞を酸化してサビつかせ乾燥肌やシミ・しわ・くすみなどの原因になります。もうすでに女性誌やテレビなどで「老化=酸化」ということは度々報じられているので、すでにご存知かと思います。

 

人の身体には活性酸素を分解する酵素や補酵素が備わっていますが、この抗酸化力は加齢とともに低下、次々に発生する活性酸素を処理しきれなくなり、肌老化が加速してしまいます。

 

30代過ぎた加齢期から抗酸化化粧品がおすすめ

抗酸化化粧品

最近では、活性酸素によるサビつきから肌を守るために、抗酸化力のある成分が配合された化粧品が開発されています。肌老化を食い止めるために、こうした抗酸化化粧品をスキンケアに取り入れることをおすすめします。

 

化粧品に配合されている抗酸化成分は、ビタミンC誘導体・ナイアシン・その他さまざまなポリフェノール類などです。
抗酸化化粧品は、シミ・シワ・毛穴の開きなど、
老化にまつわるさまざまな肌の悩みを予防するのに強い味方です。

肌老化を遅らせる効果的なスキンケアをする

肌の老化を遅らせるためには、「守りのスキンケア」と「攻めのスキンケア」をおこないましょう。

抗酸化化粧品

「守りのスキンケア」には次の2種類あります。

紫外線から肌を守るお手入れ

紫外線対策は、1年を通して取り入れなくてはいけません。
肌へ栄養を与えるためには、ビタミンB群、ビタミンC,ビタミンEなどをお手入れに取り入れるようにします。
これはどれかひとつでも構いませんが、必ず取り入れたいのが、ビタミンC誘導体です。
コラーゲン合成促進、美白など、さまざまな効果があるためです。
ビタミンC誘導体が配合された化粧水は1年中を使っていくと効果があるのでおすすめです。
さらに、抗酸化成分もプラスするとよりよい。
「老化=酸化」であることが解明されてから、植物エキスなどの抗酸化成分が化粧品に配合されるようになりました。

肌に栄養を与えるお手入れ

「攻めのスキンケア」には、積極的に代謝を高めたり、コラーゲンを増やしたりするお手入れで、ピーリング剤やレチノールがこれに相当します。
ピーリング剤で角質を取ると、皮膚はそこを早く修復しようとして、下から速い速度で上がってきます。つまり、細胞分裂が活発になるのです。これが、ピーリングによる若返りの仕組みです。続けていくと、皮膚はふっくらとしてきて、真皮のコラーゲンを増え、美白効果もより高まります。

年齢に合わせたアンチエイジングを

シミやシワが気になりだすのは、一般的には20代後半からですが、シミやシワは、生まれた時から始まる老化が積み重なってできるものです。なので、いつから老化対策をすればよいのかという定義はありませんが、おおまかですが年代に応じたスキンケアをきっちりやっておいた方が後々助かります。

 

10代からは紫外線対策を

20代になったらビタミンC誘導体を使う

30代になったらレチノールやピーリング剤などを配合した化粧品を使う

 

代表的な抗酸化成分

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に吸収されやすい形に変えたもの。抗酸化作用のほか、美白作用、抗炎症作用などがあります。

ナイアシン(ビタミンB2)

肌代謝を活発にし、コラーゲンやセラミドへの合成を高める。

カテキン

フラボノイドの一種でお茶の成分として有名。抗酸化・老化防止作用とともに、美白・保湿・収れん・日焼け予防効果がある。

リコピン

トマトに含まれる赤い色素で、カロチノイドの一種。強い抗酸化作用をもち、紫外線を浴びることで肌に生じる活性酸素を除去します。メラニンの生成を抑制し、美白効果もあります。

アントシアニン

植物界に広く存在する色素で、花や果実の色を作り出すもとになっている。フラボノイドの「一種で抗酸化作用が強い。

レスベラトロール

ぶどうの皮などに含まれるポリフェノールの一種。活性酸素を除去し、美白効果やシワ改善効果をもたらす。

アスタキサンチン

魚介類に含まれる赤い色素の栄養分。とくに熱帯魚や甲殻類に多く存在し、強い日差しから阻止や細胞を守っています。抗酸化力が非常に高く、美白のほかコラーゲンの生成を助ける効果があります。

油溶性甘草エキス

強い抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制、美白効果がある。甘草は、民間薬として西洋・東洋ともに古くから用いられています。抗酸化作用があり、のどの痛みなどに服用すると効果的。

オウゴンエキス

シソ科の植物黄金花の根から抽出したエキス。消炎・収れん・保湿・抗酸化作用まどのほか、日焼け予防効果、美白効果があります。

抗酸化化粧品人気ランキング

抗酸化成分を総合的に含み、効果が期待できる売れ筋抗酸化化粧品をランキング。
※ランキングは、当サイトの売上順です。(効果を比較しているものではありません)

アスタリフト


松田聖子のCMでお馴染みの富士フィルムの赤いジェル抗酸化化粧品アスタリフト。

年齢とともに低下するハリや弾力を高めるアスタキサンチン成分を富士フィルムのナノ技術で実現!
乾燥肌で悩む人にも抗酸化成分の浸透度が実感できて、日を追うごとに潤い肌へ導いてくれます。
30代からのシワ・たるみ・ほうれい線などが気になる前に、使っておいてよかったと実感するはず。抗酸化化粧品の中でもお試し価格1000円はコストパフォーマンスは抜群です。

主な抗酸化成分

アスタキサンチン・リコピン・コラーゲン・Wヒト型ナノセラミド・

お試し価格 容量 内容 評価
1,080円(税込) お試し5日間 ジェリー美容液・化粧水・美容液・クリーム 抗酸化化粧品,効果,抗酸化作用,アンチエイジング

アスタリフトお試しセット詳細。購入はこちら

 

ビーグレン(敏感肌でも安心!)

たるみ・ほうれい線を消したい年齢肌におすすめ!

お医者さんが開発した抗酸化化粧品。
みずみずしく柔らかい肌触りで肌上での伸びもスムースさは、これまでの化粧品と違うと実感できます。
さらに洗い流す必要のないマッサージ美容液なので、抗酸化成分がどんどん肌へ浸透していきます。365日返金保証・送料無料です。

主な抗酸化成分

ビタミンC・モンモリロナイト・Wヒト型ナノセラミド・

お試し価格 容量 内容 評価
1,944円(税込) お試し7日間 洗顔・化粧水・美容液・リフト美容液・クリーム 抗酸化化粧品,効果,抗酸化作用,アンチエイジング

ビーグレンの詳細・ご購入はこちら